選択に迷った時はタダリフト|把握しておくシアリスの事

メニュー

シアリスとタダリフトの関係

タダリフトとは、国際誕生を2002年、国内承認を2007年としている先行シアリス錠のジェネリックに位置づける事が出来る勃起不全を療治出来る医薬品で有り、シアリスは100各国を超える国々に承認される医薬品となりますが、本剤は承認国を一カ国とし製造販売元となる印度のみが承認国となり、先発薬と比較するとその価格を1/10程に留める事が出来るので継続した勃起不全の療治を目的とする方が経済的な費用軽減を目的に個人輸入のみによって入手し切り替える方が増加傾向にあるとされる薬剤になります。
海外医薬品を購入の際には注意すべき事として偽物や紛い物を販売する悪質な業者も中にはおり、区別として一つのシートに四錠の錠剤が含まれており、外見の特徴として濃い黄色を特徴としており、一錠当たりに含有される成分はシアリス同様20mgの用量規格単位とされています。
タダリフトの薬理としては先発薬と変わらず一つの作用のみとされ、血管を拡張する為にそれを阻害する酵素の一つ5型のホスホジエステラーゼを阻害する事で、男性の方が刺激を受け興奮を催した際に体内分泌が始まるNO中に有るcGMPの優位性を強める事ができ、これにより平滑筋を一時的に弛める事ができ多量の血液を海綿体へと流入させる事が出来る様になります。
この作用は局所的なものに留まり、媚薬作用やリビドー等の他の性的な男性機能を高める効果は無いので勃起不全の改善以外には用いる事を控える必要が有ります。
タダリフトを内服するに当たり、慎重な投薬あるいは内服を禁止される方として、既往歴に重度の心臓病や脳卒中が有る方は内服を禁止されており、極度に低血圧な方や反対に血圧の上昇を管理出来ていない高血圧の方等は内服する事が出来ない事が有るとされます。
理由としては、性交自体が心臓や脳内の血管に負担を掛ける上に、成分の作用により血液循環が良くなる事で悪影響が出ると考えられている為になります。
タダリフト以外にもシアリスのジェネリックは多くあります。 中には勃起をサポートする効果だけでなく早漏防止に効果のあるダポキセチンを一緒に配合した治療薬も存在しています。 早漏と勃起力の低下の関係は切り離せないもので同時に悩む男性も多く、そういった方にはダポキセチン配合のシアリスジェネリックが合うはずです。
シアリスジェネリックの詳細はコチラ